お問い合わせ

日本海岸林学会

Japanese Society of Coastal Forest


海岸林のはたらき

飛砂防備機能

 飛砂とは、海岸の砂浜の砂が風によって運ばれ移動する現象のことです。飛砂による問題は、主に農作地に砂が積もってしてしまうと農作物が育たず枯れたり、人家の周りに積れば、そのままでは家が砂に埋もれたりすることがあげられます。

 それらを防ぐため、日本の各地の海岸林の多くは、風によって砂浜の砂が積もった海岸砂丘地から発生した飛砂から人々の暮らしや農地を守るために作られてきました。

 これは発生した飛砂を海岸林で受け止るというものではなく、飛砂が発生しないように砂地を草木・樹木で覆い、風によって砂を移動させないようにしています。

湘南海岸林での飛砂の影響を受けた写真
写真:湘南海岸林 飛砂の様子
  (写真提供者:吉崎真司氏)